標識倒れ軽四衝突=母娘が軽傷−岡山

標識が突然倒れ軽四が衝突

 15日午後0時10分ごろ、岡山県倉敷市玉島勇崎の市道で道路標識が突然倒れ、走って来た軽四乗用車が衝突した。運転していた岡山市の無職女性(68)と同乗の娘(29)が腰に軽いけがをした。

 県警玉島署によると、標識は高さ約5.3メートルの鉄製で、根元がさびていた。2017年5月に目視などで安全確認しており、倒れた詳しい原因を調べている。 【時事通信社】