作家の田辺聖子さん死去、91歳=小説、エッセーなど多彩な作品

作家の田辺聖子さん死去、91歳=小説、エッセーなど多彩な作品

田辺聖子さん

 人間関係の機微を描いた小説やエッセーを発表してきた作家で文化勲章受章者の田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが6日午後1時28分、胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。91歳だった。大阪市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は弟聰(あきら)氏。後日、東京と大阪でお別れの会を開く予定。

 樟蔭女子専門学校(現・大阪樟蔭女子大)国文科を卒業後、金物問屋の事務員をしながら小説を書き始め、1956年、「虹」で大阪市民文芸賞受賞。58年に最初の単行本「花狩」を刊行し、64年、「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)」で芥川賞を受賞した。

 大阪弁を駆使した恋愛小説から与謝野晶子、吉屋信子ら先輩文学者の評伝、軽やかさと深い洞察を併せ持った「カモカシリーズ」などのエッセー、「新源氏物語」など古典の紹介まで、多彩な作品を発表した。

 「花衣ぬぐやまつわる……」で女流文学賞(87年)、「ひねくれ一茶」で吉川英治文学賞(93年)を受賞。87年、直木賞の選考委員に就任し、18年間務めた。

 エッセーなどで「カモカのおっちゃん」として知られる医師の川野純夫氏とは、死別するまで長年連れ添った。

 熱烈な宝塚歌劇ファンとして知られ、自作の「隼別(はやぶさわけ)王子の叛乱(はんらん)」「舞え舞え蝸牛」「新源氏物語」が同歌劇で舞台化された。また、2006年10月から半年間、NHK連続テレビ小説で、自伝的ドラマ「芋たこなんきん」が放送された。

 95年紫綬褒章。00年、文化功労者に選ばれ、08年に文化勲章を受章した。 【時事通信社】