魚類も顔からチェック=ヒトと同様に注視−大阪市立大など

 魚類がヒトやチンパンジーと同様、まず相手の顔を見た上で、その後も頻繁に見ていると大阪市立大大学院理学研究科の幸田正典教授の研究グループなどが発表した。研究成果は11日までに英科学誌サイエンティフィック・リポーツ電子版に掲載された。

 幸田教授らは、魚類が物を注視する際、体の側面にある両眼を使う点に着目。熱帯淡水魚「プルチャー」の前に魚などの写真を並べ、姿勢の変化を調べることで両眼で注視している先を確かめた。

 プルチャーや別の種類の魚の写真を見せたところ、まず頭部を注視し、その後も頻繁に見る動きをしていた。頭部を注視する回数や時間は、胴体や尾の部分より上回っていた。 【時事通信社】