目印投下「ストライク」=誤差わずか3メートル−はやぶさ2

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」に作成した人工クレーター付近への着陸に向け、5月30日に投下した目印(ターゲットマーカー)について、落下地点の誤差はわずか約3メートルだったと発表した。JAXAは、さらに安全性評価を進めた上で、2回目の着陸・試料採取(タッチダウン)を行うかどうかを決める。

 ターゲットマーカーは直径約10センチ。表面に光を反射する素材が貼られ、着陸地点の目印になる。

 はやぶさ2は昨年10月、1回目のタッチダウンに向けてターゲットマーカーを投下したが、誤差は約15メートルだった。 【時事通信社】