女医殺害容疑で山形大生逮捕=マンション侵入、頭殴る−互いに面識なしか・県警

女医殺害容疑で山形大生逮捕=マンション侵入、頭殴る−互いに面識なしか・県警

女医殺害 互いに面識なしか

女医殺害容疑で山形大生逮捕=マンション侵入、頭殴る−互いに面識なしか・県警

家宅捜索を終え加藤紘貴容疑者宅から出る山形県警の捜査車両=12日午後、山形市

 山形県東根市のマンションで眼科医矢口智恵美さん(50)が殺害された事件で、県警村山署捜査本部は12日、殺人と住居侵入容疑で、山形大人文学部4年加藤紘貴容疑者(23)=山形市東原町=を逮捕した。2人は互いに面識がなかったとみられ、捜査本部は詳しい経緯や動機の解明を急ぐ。認否は明らかにしていない。

 県警は同日、加藤容疑者の自宅マンションを家宅捜索した。

 逮捕容疑は5月19日早朝、東根市さくらんぼ駅前にあるマンションの矢口さん宅に侵入し、頭などを何らかの鈍器で多数回殴り、殺害した疑い。

 矢口さんは同日午後5時50分ごろ、2LDKのマンションの一室で頭から血を流し死亡しているのが見つかった。頭部に複数の傷があり、司法解剖の結果、死因は頭蓋内損傷と判明した。

 捜査本部は延べ約2200人の捜査員を投入し、聞き込み捜査や防犯カメラの解析を徹底。矢口さん周辺にトラブルがなかったかなどの確認も進め、12日になって加藤容疑者を任意同行し、逮捕した。捜査関係者によると、矢口さんと同容疑者の接点は確認されていないという。 【時事通信社】