侵入できる部屋物色か=逮捕の山形大生−女医殺害

 山形県東根市のマンションで眼科医矢口智恵美さん(50)が殺害された事件で、殺人と住居侵入容疑で逮捕された山形大人文学部4年加藤紘貴容疑者(23)=山形市東原町=が、マンション内の複数の階を物色した後、矢口さんの部屋に入った疑いがあることが13日、捜査関係者への取材などで分かった。

 2人に面識はなかったとみられ、県警村山署捜査本部は、加藤容疑者が侵入できる部屋を探していた可能性があるとみて、詳しい動機などの解明を進めている。

 加藤容疑者は、5月19日早朝、東根市さくらんぼ駅前にあるマンション2階の矢口さん宅に侵入し、頭などを何らかの鈍器で多数回殴り、殺害した疑いで逮捕された。矢口さんは頭に複数の傷があり、死因は頭蓋内損傷だった。

 関係者によると、19日午前5時ごろ、矢口さんのマンションに入る男の姿が、付近の防犯カメラに映っていた。男はマンションの3階に上がって廊下をうろついた後、2階に下りてさらにうろつき、矢口さんの部屋に入っていった。ドアをこじ開ける様子はなかった。

 男は同5時半ごろに部屋から出て、来た方向とは逆のJRさくらんぼ東根駅の方向へ立ち去ったという。矢口さんは1人暮らしで、マンションにオートロックはなかった。 【時事通信社】