入所男性暴行し死なす=容疑で障害者施設職員逮捕−大阪府警

入所男性に暴行 職員を逮捕

 大阪府茨木市の障害者施設で、入所者の男性(30)に暴行を加えて死亡させたとして、大阪府警捜査1課は13日、傷害致死容疑で施設職員の介護福祉士、伊住祐輔容疑者(40)=同府箕面市今宮=を逮捕した。同課によると、「腕はつかんだが暴行はしていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は3月22日午後11時〜翌23日午前1時15分ごろ、「障がい者サポートセンターしみず」で、入所者の男性の腹部に乗ったり、首を圧迫したりする暴行を加え、24日未明に搬送先の病院で死亡させた疑い。

 同課や施設の運営法人などによると、男性には重度の知的障害があった。1泊2日の予定で短期入所しており、施設の利用は4回目だった。胸や腹部に複数の打撲痕があり、喉の骨も折れていた。

 当時は伊住容疑者と女性職員の2人で夜勤に当たっており、休憩中の女性職員が同容疑者から「男性の様子がおかしい」と連絡を受けて119番した。伊住容疑者は17年の勤務歴があるが、トラブルなどはなかった。男性を担当したのは初めてだったという。

 ホームページによると、施設は1994年開設で、障害者の生活介護や短期入所受け入れなどをしている。 【時事通信社】