福祉事務所保管の現金だまし取る=容疑で和光市職員を逮捕−埼玉県警

 埼玉県和光市福祉事務所が女性から預かり、保管していた現金をだまし取ったとして、県警捜査2課などは13日、詐欺容疑で同市企画部審議監の東内京一容疑者(55)=同県新座市栄=を逮捕した。同容疑者は事件当時、同事務所長兼保健福祉部長だった。県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は2015年2月9日〜3月18日、保管していた現金200万円をだまし取った疑い。

 同事務所は、当時80代だった生活保護費受給者の女性(15年5月に死亡)から250万円を預かって保管しており、東内容疑者は部下に「あのお金は大型詐欺グループの金らしい。特捜に持っていくから、俺に渡してもらえるか」とうそを言い、200万円を持って来させたという。

 捜査2課によると、15年1月、市のケースワーカーが女性の家に行ったところ、現金1200万円を発見。このうち250万円を同事務所が預かり、市役所の金庫室内に保管していた。18年11月ごろ、女性の親族から市に問い合わせがあり事件が発覚した。 【時事通信社】