掃き出し窓から侵入か=逮捕の夫、就寝中襲う?−高齢住宅女性殺害・警視庁

 東京都町田市の高齢者住宅で昨年9月、入居者の関初枝さん=当時(69)=が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された夫の健次容疑者(71)が、中庭に面した部屋の掃き出し窓から侵入して関さんを襲った可能性があることが13日、警視庁町田署捜査本部への取材で分かった。

 隣室に住んでいた健次容疑者は、事件発覚の前日夜まで関さんの部屋に一緒にいたことが判明している。関さんの体に抵抗した際にできる傷はなく、捜査本部は、健次容疑者が玄関から出た後、無施錠の掃き出し窓から再び入り、就寝中の関さんを襲ったとみている。

 健次容疑者は逮捕時、「やっていません」と容疑を否認し、その後黙秘しているという。

 捜査本部などによると、事件は昨年9月20日午後9時〜21日午前6時ごろ、町田市のサービス付き高齢者向け住宅「ココファンまちだ鶴川」の1階の部屋で発生した。関さんは頭を鈍器で殴られ、殺害されたとみられている。

 2人の部屋の掃き出し窓は中庭に面しており、建物の出入り口を経由せずに行き来できるという。廊下に設置された防犯カメラには、20日午後9時ごろに健次容疑者が関さんの部屋を出る様子が映っており、その後は翌朝まで人の出入りは映っていなかった。 【時事通信社】