15日、大雨警戒=西・東日本、低気圧発達で−気象庁

西・東日本あすは大雨に警戒

 前線を伴う低気圧の影響で、14日午後は西日本の太平洋側や東海地方で局地的に激しい雨が降った。低気圧は発達しながら西日本を北上し、16日朝には日本海の東北地方沖へ進む見込み。気象庁は西・東日本では15日に大雨になるとして、土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。

 低気圧の北上に伴い、広い範囲で強い風が吹くとみられ、落雷、竜巻が発生する可能性がある。海上はしけとなり、暴風や高波に警戒が必要。北日本(北海道と東北)では15日夜から16日にかけて大雨の恐れがある。

 15日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国250ミリ、東海200ミリ、九州北部と中国、近畿、関東甲信150ミリ。

 その後、16日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、北陸と東海、東北、北海道100〜150ミリ、中国と近畿、関東甲信50〜100ミリ。 【時事通信社】