京都賞にチン・タン教授ら=有機EL実用化に貢献−稲盛財団

 稲盛財団(理事長・稲盛和夫京セラ名誉会長)は14日、科学や文明の発展に貢献した人に贈る第35回京都賞の受賞者をチン・W・タン香港科技大教授(71)ら3人に決めたと発表した。賞金はそれぞれ1億円。授賞式は11月10日、国立京都国際会館である。

 先端技術部門で選ばれたタン教授は、有機EL(エレクトロルミネッセンス)の発光効率を高め、ディスプレーなどへの実用化に道を開いた。

 基礎科学部門の受賞者は、宇宙の3次元地図を作る国際プロジェクト「スローン・デジタル・スカイ・サーベイ」を率いた米プリンストン大のジェームズ・ガン名誉教授(80)。

 思想・芸術部門は、フランスの太陽劇団を主宰する演出家のアリアーヌ・ムヌーシュキン氏(80)。 【時事通信社】