機雷攻撃を否定=「乗組員が飛来物目撃」−タンカー運航の国華産業

機雷攻撃を否定=「乗組員が飛来物目撃」−タンカー運航の国華産業

タンカーの写真を見せ、取材に応じる国華産業の堅田豊社長=14日、東京都千代田区

 中東ホルムズ海峡近くで攻撃されたタンカーを運航する海運会社「国華産業」(東京都千代田区)の堅田豊社長は14日、記者会見し、2発目の攻撃の際に乗組員が飛来物を目撃していたことを明らかにし、「間違いなく機雷や魚雷ではない」と述べた。

 また、タンカーはパナマ国旗を掲げていたことから、「日本だから攻撃したとは考えていない」との見方を示した。

 堅田社長によると、攻撃を受けた箇所は1発目は船の後部、2発目は中央部付近で、いずれも右舷側で海面より上だという。沈没の可能性はなく、米海軍の支援を受け、タグボートにえい航されてアラブ首長国連邦(UAE)に向かっている。

 乗組員1人が軽傷を負ったが、全員再び乗船して発電機などの復旧作業に当たっている。積み荷のメタノールは別の船に積み替えて輸送する方針という。 【時事通信社】