陸上イージス配備へ「適地」説明=住民の反対相次ぐ−山口

陸上イージス配備へ「適地」説明=住民の反対相次ぐ−山口

陸上イージス調査結果について防衛省側(奥)に質問する住民=14日午後、山口県阿武町

 防衛省は14日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」をめぐり、配備候補地の陸上自衛隊むつみ演習場(山口県萩市)に隣接する同県阿武町で、「適地」とする現地調査の結果を説明した。住民からは、配備反対の声が相次いだ。

 説明会には約150人が参加。防衛省の担当者は冒頭、陸自新屋演習場(秋田市)で候補地選定の調査内容に誤りがあったことや、同市での説明会に出席した職員が居眠りしていたことに触れ、「あってはならないミス。申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と陳謝した。

 むつみ演習場での調査データについては誤りがないと強調。陸上イージスが発するレーダー波は人体に影響を及ぼさないなどとして、「安全に配備、運用できる」と伝えた。

 質疑応答では、住民が「配備の大前提としている『地元の理解』とは何だと考えているのか」と詰め寄る場面があり、同省側は「現時点で理解が得られているとは思っていない。理解が進まないうちに配備を強行することはない」と応じた。 【時事通信社】