被災地ロケの映画、地元で試写会=宮城県塩釜市〔地域〕

 東日本大震災の被災地で撮影された映画「凪待ち」の試写会が、宮城県塩釜市の塩釜水産物仲卸市場で開かれた。白石和彌監督と主演の香取慎吾さんが姿を現すと、会場から大きな歓声が上がった。

 撮影は、2018年6月から約1カ月間、塩釜市や石巻市、女川町を中心に行われた。白石監督は試写会で「被災地で撮影したい思いがあった」と話し、「撮影中も地元の方から震災のいろいろなことを教えてもらった。復興に終わりはないと感じた」と語った。香取さんは、仲卸市場で撮影をスタートしたことに触れ、「この市場が僕の役を作ってくれた最初の場所」と振り返った。

 仲卸市場は、映画のヒットを祈願し、塩釜港名物のマグロなどの詰め合わせを白石監督と香取さんに贈呈。2人は重さに驚きながら笑顔で受け取った。「凪待ち」は28日から全国で上映される。 【時事通信社】