山開き日、富士山頂行けず=石積み崩れ登山道ふさぐ−山梨県

富士山が7月1日に山梨県側で山開きも山頂まで行けず 山頂手前で石積み崩れ登山道覆う

記事まとめ

  • 山梨県は7月1日に富士山の同県側を山開き予定だが、山頂まで行けない状況と発表した
  • 昨年9月の台風で石積みが崩れ、山頂付近約12mにわたり登山道を覆っているという
  • 当面は8.5合目から先は通行禁止だが7月10日に開く静岡県側の2ルートからは登頂できる

山開き日、富士山頂行けず=石積み崩れ登山道ふさぐ−山梨県

山開き日、富士山頂行けず=石積み崩れ登山道ふさぐ−山梨県

富士山頂付近の登山道をふさいだ崩れた石積み=17日(山梨県提供)

 山梨県は24日、富士山の頂上付近で石積みが崩れて登山道をふさぎ、7月1日の同県側の山開き日には山頂まで行けない状況だと明らかにした。

 県によると、現場は4本ある登山道のうち、静岡県側の「須走ルート」と、例年最も多くの登山客が利用する山梨県側の「吉田ルート」が合流した先。昨年9月の台風で石積みが崩れ、山頂手前で約12メートルにわたり登山道を覆っているという。

 24日に仮復旧工事を始め、当面は8.5合目から先は通行禁止とした。7月10日に開く静岡県側の残る2ルートからは登頂できる。 【時事通信社】