少女像「撤去含め検討」=芸術祭監督が表明−愛知

「あいちトリエンナーレ」で慰安婦象徴の像を展示 津田大介氏「撤去含め検討」と表明

記事まとめ

  • 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で慰安婦を象徴する「平和の少女像」が展示された
  • 芸術監督の津田大介氏は抗議を受けて、少女像の撤去を含めて検討する考えを表明した
  • 「美術館から展示を拒否された作品を見て、表現の自由を考えて貰う趣旨だった」と説明

少女像「撤去含め検討」=芸術祭監督が表明−愛知

少女像「撤去含め検討」=芸術祭監督が表明−愛知

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で展示されている「平和の少女像」と制作者のキム・ソギョン氏(中央)、キム・ウンソン氏(左)=1日、名古屋市

 愛知県内で開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で従軍慰安婦を象徴する「平和の少女像」が展示された問題で、芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介氏が2日に記者会見し、「抗議の電話が殺到し、スタッフや来場者の安全面に問題がある」と述べ、少女像の撤去を含めて検討する考えを表明した。

 会見で津田氏は「美術館から展示を拒否された作品を見てもらい、表現の自由について考えてもらう趣旨だった」と展示の狙いを説明した。ただ、予想を超える批判が集まったことに、「関係各位におわびしたい」と陳謝した。撤去時期などの最終判断は、実行委員会会長の大村秀章愛知県知事らと近く協議して決めるという。 【時事通信社】