操縦席の窓にひび=高度1万3000メートル飛行中−日航

 22日午前11時半ごろ、成田発中国・大連行きの日本航空827便(ボーイング787−8型)が日本海上空、高度約1万3000メートルを飛行中、操縦席の窓にひびが入った。同便は引き返し、成田空港に午後0時半ごろ着陸した。乗客乗員209人にけがはなかった。

 日航によると、窓はガラスやアクリルなど複数の層でできているが、ひびが入ったのは最も外側のガラス部分。衝撃などはなく、突然ひびが入った。飛行に問題はなかったが、安全を優先して引き返したという。今後、原因を詳しく調べる。 【時事通信社】