英政府職員、買春容疑で拘留=中国メディア

 【北京時事】中国広東省深セン市に出張中消息が途絶え、中国当局から15日間の行政拘留処分を受けていたことが判明した英政府の香港総領事館職員について、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報(電子版)は22日、地元警察の話として、買春容疑で処分されたと伝えた。拘留の事実を家族に知らせなかったことについて警察は「本人の要請に基づき通報しなかった」と説明しているという。

 職員の拘束をめぐっては、香港で続く大規模抗議活動に理解を示す旧宗主国の英国をけん制する狙いとの見方が広がり、香港では職員の解放を求める抗議集会も開かれた。中国側としては、個人的な違法行為を処分しただけだと主張する狙いがあるとみられる。 【時事通信社】