太平洋側中心に大雨警戒=15号は8〜9日東海・関東へ−気象庁

 非常に強い台風13号は6日午後、九州から西へ離れた東シナ海を北上した。台風周辺の湿った空気が西・東日本の太平洋側と奄美、沖縄に流れ込み、7日にかけて断続的に激しい雨が降る所がある見込み。気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。

 九州の東シナ海側や奄美、沖縄の海上はしけとなり、強風が続いた。13号は7日午後には朝鮮半島北西部に上陸する見込み。

 一方、台風15号は南鳥島近海を北西へ進んだ。8日から9日に強い勢力で東海や関東に接近し、上陸する恐れがある。大雨や暴風、高波が予想され、早めの対策が必要。

 7日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国200ミリ、九州南部180ミリ、九州北部と奄美150ミリ、沖縄120ミリ、東海100ミリ、小笠原諸島80ミリ。

 その後、8日午後6時までの同雨量は東海100〜200ミリ、九州北部と沖縄100〜150ミリ、関東甲信と小笠原諸島50〜100ミリ。

 6日午後6時時点で、13号は東シナ海を時速35キロで北へ進み、中心気圧は940ヘクトパスカル、最大風速45メートル。15号は南鳥島近海を時速35キロで西北西へ進み、中心気圧は996ヘクトパスカル、最大風速25メートル。 【時事通信社】