大学生の22歳男逮捕=池袋ホテル女性殺人−警視庁

大学生の22歳男逮捕=池袋ホテル女性殺人−警視庁

池袋遺体 22歳の大学生逮捕

大学生の22歳男逮捕=池袋ホテル女性殺人−警視庁

警視庁池袋署に入る北島瑞樹容疑者(右)=18日夜、東京都豊島区(一部画像処理しています)

 東京・池袋のホテルの一室でポリ袋に入った女性の遺体が見つかった事件で、警視庁池袋署捜査本部は18日、殺人容疑で、埼玉県入間市豊岡、私立大4年北島瑞樹容疑者(22)を逮捕した。容疑を認め、「手で首を絞めた」という趣旨の話をしている。

 北島容疑者の自宅からはこの女性の所持品が見つかっており、捜査本部は2人の接点や殺害動機を詳しく調べる。

 捜査本部によると、女性は東京都江東区の無職荒木ひろみさん(36)。荒木さんは足首をひもで縛られた状態で大きめのポリ袋に入れられ、上からシーツで縛られていた。司法解剖の結果、死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息とみられる。

 荒木さんは12日午後5時50分ごろにホテルの部屋に入った。入室時は帽子をかぶり、リュックを持っていたが、事件発覚後、帽子とリュックは見つからなかった。

 荒木さんが部屋に入る前後には、リュックを背負い、キャリーケースを持つ北島容疑者が部屋を出入りしていた。捜査本部は、同容疑者が荒木さんの帽子やリュックを持ち去ったとみている。同容疑者はホテルを出た後、JR池袋駅方面へ向かっており、捜査本部が行方を追っていた。

 逮捕容疑は12日午後6〜8時ごろ、ホテル室内で荒木さんを殺害した疑い。 【時事通信社】