大型台風17号、宮古島接近へ=前線も北上、西日本荒天注意−気象庁

台風 西日本中心に大荒れか

 大型の台風17号は20日午前、沖縄の南海上を西へ進んだ。21日未明から朝に宮古島に接近した後、東シナ海を発達しながら北上し、22日から23日にかけて対馬海峡付近を経て日本海へ進む見込み。

 気象庁は、沖縄では暴風や高波、大雨に警戒するよう呼び掛けた。台風の動きにつれて前線も北上するため、西日本を中心に大荒れになる恐れがある。17号は24日未明には温帯低気圧となって北海道に接近すると予想される。

 鹿児島県南種子町(種子島)では20日午前6時45分ごろまでの1時間に78.0ミリの非常に激しい雨が降った。沖縄県与那国町(与那国島)では同9時ごろに最大瞬間風速24.6メートルを観測した。

 17号は20日午前9時、宮古島の南東約280キロの海上を時速10キロで西北西へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートル。半径650キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

 21日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、鹿児島県150ミリ、沖縄と奄美120ミリ。その後、22日午前6時までの同雨量は、鹿児島県200〜300ミリ、沖縄100〜200ミリ、奄美100〜150ミリ。

 沖縄の21日にかけての最大瞬間風速は25〜35メートル、波の高さは6〜9メートルの見込み。 【時事通信社】