市街地にイノシシ、4人けが=台風で居場所なくす?−栃木

市街地にイノシシ 4人が負傷

 栃木県足利市で17日、男女4人がイノシシに襲われけがをした。市によると、台風19号の大雨で市内を流れる渡良瀬川の水位が上昇し、河川敷を追われたイノシシが市街地に迷い込んだ可能性があるという。

 県警足利署によると、同日午前、東武伊勢崎線福居駅ホームで20代女性がイノシシに襲われたほか、付近の市道で男子高校生らが衝突されるなどして負傷した。

 その後、近くの民家敷地に体長約1.3メートルのイノシシが侵入。住民らが取り押さえ、殺処分された。市は同様の事例に注意を呼び掛けている。 【時事通信社】