ローマ教皇使用の乗用車と椅子公開=広島市〔地域〕

 カトリック広島司教区は28日、フランシスコ・ローマ教皇が広島を訪問した際に使用した乗用車「マツダ3」と椅子を報道陣に公開した。マツダ3は24日夜、広島空港と「平和のための集い」が開かれた平和記念公園(広島市)との往復で使用された。

 広島司教区は教皇が好む小型で環境に優しい乗用車をマツダに依頼した。バチカン関係者らとも協議を重ね、セダンタイプのマツダ3に決定。同社は教皇の姿が沿道から見えるように後部座席などのガラスを透明タイプに変えた。

 広島司教区によると、故ヨハネ・パウロ2世が広島を訪れた38年前はマツダの「ロードペーサー」が使用されたといい、今回の依頼にもつながったという。寄贈されたマツダ3は今後、広島司教区の公用車として活用される。

 椅子はカトリック中央協議会が用意したもので、大きさはタテ62センチ、ヨコ83センチ、高さ130センチ。広島司教区は今後、一般公開も含め活用方法を検討する。

 マツダ総務部地域リレーショングループの川本昌彦主幹(57)は「地元企業のマツダの車を選んでもらい、大変光栄に思う。歴史的な瞬間にマツダ車と迎えられたことを感謝している」と話した。 【時事通信社】