JR東、台風被害は480億円=新幹線廃車や運行減で

 JR東日本は29日、10月の台風19号に伴う被害額が約480億円に上るとの見通しを発表した。このうち水没して廃車が決まった北陸新幹線の車両8編成(96両)の帳簿価格118億円と線路などの復旧費用約170億円の大半を2020年3月期に特別損失として計上する。

 新幹線の運休・本数減などに伴う運輸収入の減少は約160億円、駅ビルなどの休業による減収は約30億円と見込んだ。 【時事通信社】