診断書偽造、283日不正休暇=職員を懲戒免職―関東農政局

診断書偽造し283日不正休暇

 診断書を偽造するなどして不正に病気休暇や特別休暇を計283日取得したとして、農林水産省関東農政局は29日、同局消費・安全部の新井次男主任広域監視官(55)を懲戒免職処分とした。監視官は不正を認めているという。同局は不正分の賃金に相当する約600万円の返還を求めており、刑事告訴も検討している。

 同局によると、新井監視官は2013年1月〜18年12月の間、医師の診断書などの証明書類計62通を偽造するなどし、病気休暇と特別休暇計283日4時間15分を不正取得していたという。

 同局総務課は「誠に遺憾。国民の信頼を取り戻すため、規律の徹底を図っていく」としている。 【時事通信社】