北海道と東北、猛吹雪警戒=気象庁

 気象庁は2日、北海道と東北では3日から4日にかけて日本海側を中心に猛吹雪や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。発達中の低気圧が北海道付近を北東へ進み、冬型の気圧配置が強まる見込み。

 北海道と東北で3日にかけて予想される最大瞬間風速は35メートル、波の高さは6メートル。猛吹雪や吹きだまりにより、道路交通に障害が生じる恐れがある。 【時事通信社】