交際女性殺害、元前橋市職員に懲役17年=さいたま地裁

 さいたま市大宮区で1月、交際相手の女性会社員=当時(22)=を包丁で刺して殺害したとして、殺人などの罪に問われた元前橋市職員、鳥山裕哉被告(26)の裁判員裁判の判決で、さいたま地裁(北村和裁判長)は2日、懲役17年(求刑懲役20年)を言い渡した。

 北村裁判長は、鳥山被告が女性の勤務先のビルで待ち伏せしていたほか、殺害前に「首を切る 死ぬ」などとインターネットで検索していたとし、「事前に強固な殺意を有していた」と述べた。 【時事通信社】