死亡3歳児、事件前もけが=上唇裂け、逮捕の男暴行か―警視庁

 東京都江東区のマンションで男児(3)が暴行を受け死亡したとされる事件で、事件発生の数日前、男児が上唇を裂くけがをしたとみられることが4日、捜査関係者への取材で分かった。

 当時同居していた渡辺雄二容疑者(34)=傷害致死容疑で逮捕=は、男児が自分で転倒してできた傷だと説明。負傷部位を写真撮影し、男児の母親で同容疑者と内縁関係にあった女性に送信していた。警視庁捜査1課は、同容疑者が男児を日常的に暴行していた可能性もあるとみて、詳しい経緯を調べる。

 渡辺容疑者は9月28日ごろ、男児に暴行を加えて死なせたとして逮捕された。「何もしていない」と容疑を否認しているという。

 捜査関係者によると、渡辺容疑者はこの数日前、海外出張中だった女性に、けがをした男児の写真を無料通信アプリ「LINE(ライン)」で送信していた。男児は上唇の内側が裂けており、同容疑者は「自分で転んでしまった、すみません」と説明したという。

 男児は9月28日午後、渡辺容疑者の119番で病院に搬送されたが、翌29日に死亡した。解剖の結果、死因は外部から強い力が加わったことで生じた内臓損傷による失血死と判明。一方、同容疑者は救急隊の到着時、「(男児は)風呂に浮いていた」と説明していた。捜査1課は、同容疑者が溺死に見せ掛けようとしたとみて、調べている。 【時事通信社】