男性白骨遺体、夫婦ら逮捕=14年、殺人容疑など―福島県警

 2014年に福島市内で同居していた男性を殺害したとして、福島県警は4日、殺人容疑で山形市青田の建設作業員武次翔太容疑者(32)を逮捕した。暴行を認める一方、殺意は否定しているという。

 逮捕容疑は14年1月上旬ごろ、福島市松川町水原の借家で、千葉県市原市の職業不詳渡辺大輔さん=当時(28)=に暴行して殺害した疑い。

 県警は、暴行を受けた渡辺さんを放置して死なせたとして、保護責任者遺棄致死容疑で妻の吾委子容疑者(35)=福島市曽根田町=ら2人を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。 【時事通信社】