ゲノム編集ベビー、規制強化へ=厚労省専門委が報告

ゲノム編集ベビー規制強化へ

 厚生労働省の専門委員会は4日、遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集」を人間の受精卵に施して子どもを誕生させることへの規制強化を求める報告を大筋でまとめた。法規制を含めた制度が必要だとする報告書を近く作成する見通しで、政府の生命倫理専門調査会に提出する。

 報告によると、ゲノム編集のほか、ウイルスなどを用いて遺伝子を改変する従来の遺伝子組み換えなども規制対象とする。

 一方で、ゲノム編集は受精卵の段階で遺伝子の異常を修復し難病を防ぐ技術として期待されていると指摘。現在は目的外の遺伝子を改変する危険性があるが、将来こうした問題が解消され、社会の理解が得られる場合もあり得るとして、子どもの誕生が許される可能性について引き続き検討するよう求めた。 【時事通信社】