MDMA1万錠密輸=英国籍男を起訴―千葉地検

MDMA1万錠密輸=英国籍男を起訴―千葉地検

成田空港で押収された合成麻薬MDMA=13日午後、千葉県成田市の東京税関成田税関支署

 合成麻薬MDMA約1万錠をスーツケースに隠し密輸しようとしたとして、千葉地検は13日、麻薬取締法と関税法違反の罪で、英国籍のイヤン・マイケル・コーマン容疑者(68)を起訴した。認否は明らかにしていない。

 起訴状によると、コーマン容疑者は11月24日、MDMA約1万錠とその破片(計約4000万円相当)をスーツケースに入れて成田空港に持ち込み密輸しようとしたとされる。

 東京税関成田税関支署によると、コーマン容疑者は英国からオランダ、ドイツを経由し成田空港に到着。「オランダでナイジェリア人からスーツケースを受け取った」と話しているという。 【時事通信社】