「男が泥棒」死亡男性通報=自宅に多額現金?―青梅殺害・警視庁

「男が泥棒」死亡男性通報=自宅に多額現金?―青梅殺害・警視庁

小川和男さんが倒れていた民家=14日午後、東京都青梅市

 東京都青梅市の民家で住人の小川和男さん(67)が殺害された事件で、小川さんが倒れて発見される直前に「中年の男が泥棒に入っている」と110番していたことが14日、警視庁への取材で分かった。

 近所の男性は取材に、「小川さん宅には大量の札束があった」と証言。警視庁は、小川さんに目撃された男が殺害に関与した可能性があるとみて行方を追っている。

 青梅署捜査本部によると、14日午前1時55分ごろ、小川さんから「青色ジャンパーに白色帽子、マスク姿の小太りの中年男が泥棒に入っているようだ。音がしたので、見たら逃げていった」と110番があった。

 約15分後に警察官が到着すると、1階ダイニングキッチンで小川さんが頭から血を流して倒れていた。通報後に事件に巻き込まれたとみられる。検視の結果、鈍器で頭を強く殴られたことによる失血死の疑いがある。 【時事通信社】