ゴーン被告妻を国際手配=偽証容疑で逮捕状―検察当局

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が中東レバノンに逃亡した事件に絡み、被告の妻キャロル・ナハス容疑者(53)=偽証容疑で逮捕状=について、検察当局が警察庁を通じ、国際刑事警察機構(ICPO)に国際手配を要請したことが10日、関係者への取材で分かった。

 キャロル容疑者はゴーン被告同様、レバノン国籍を持ち、レバノン側が手配に応じる可能性は低いとみられる。 【時事通信社】