名城大で准教授切られる=殺人未遂容疑で学生逮捕―愛知県警

 10日午後4時10分ごろ、名古屋市天白区塩釜口の名城大天白キャンパスで、「男が刃物で先生を切り付けた」と110番があった。愛知県警天白署によると、同大理工学部の男性准教授(40)が首や胸を切られ大量に出血、病院で治療を受けたが、命に別条はない。

 駆け付けた天白署員が、現場にいた同学部3年野原康佑容疑者(22)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。凶器とみられる血の付いたはさみを押収した。「私がやったことに間違いない」と容疑を認めているという。

 同署などによると、現場は研究実験棟1階の研究室内。捜査関係者によると、准教授と野原容疑者との間で指導をめぐり何らかのトラブルになった可能性がある。 【時事通信社】