リポート提出めぐりトラブルか=准教授襲った名城大学生―愛知県警

教員刺傷 課題巡りトラブル?

 名古屋市天白区の名城大で理工学部の准教授(40)が学生に刃物で襲われた事件で、殺人未遂容疑で逮捕された同学部3年野原康佑容疑者(22)が、准教授とリポートの提出をめぐってトラブルになった疑いのあることが11日、捜査関係者への取材で分かった。愛知県警天白署が詳しい経緯を調べている。

 捜査関係者によると、野原容疑者は准教授の指導を受けていた。課題のリポートの提出期限について研究室で相談などしていたところトラブルになり、突然襲ったとみられるという。

 事件は10日午後4時すぎ、同大天白キャンパスの研究実験棟1階にある准教授の研究室で発生。野原容疑者が准教授の首をはさみで突き刺すなどしたとして、駆け付けた天白署員に現行犯逮捕された。 【時事通信社】