量子暗号で大容量データ伝送=東芝・東北大が世界初の実証

 東芝と東北大学は14日、光の粒子(光子)に暗号データを載せる量子暗号通信技術を使って、ヒトゲノム(人間の全遺伝情報)解析データの伝送に成功したと発表した。量子暗号通信は理論上、外部の解読や盗聴が不可能とされる次世代技術で、実際に大容量データの安全な送受信を実証したのは世界で初めて。東芝は今後、秘匿性が必要なゲノム医療や金融取引などの分野で実用化を目指す。

 仙台市内にある東芝と東北大東北メディカル・メガバンク機構の両研究拠点間(約7キロ)を専用の光ファイバー回線で結び実施。東芝はゲノムデータを逐次暗号化して伝送する技術を開発し、暗号化されたデータを解く「鍵」を光子に載せて両者で共有、東北大側でデータを取り出した。

 ヒトゲノムは秘匿性が高い究極の個人情報で容量も大規模となる。このため、従来データを拠点間でやりとりする際は、鍵付きのハードディスクに格納して運搬するといった手法で安全を確保してきた。量子暗号通信では鍵を第三者が盗むと光子が変形する性質を利用。痕跡を検知した瞬間、鍵を変えて漏えいを防ぐ。 【時事通信社】