元富山大生、起訴内容認める=駐在所襲撃事件―富山地裁

 富山県警富山西署池多駐在所で昨年1月、警察官を襲いけがをさせたとして、強盗殺人未遂などの罪に問われた元富山大生前田将輝被告(23)の裁判員裁判の初公判が14日、富山地裁(大村泰平裁判長)であり、同被告は「(間違い)ありません」と起訴内容を認めた。判決は20日の予定。

 検察側は冒頭陳述で、交際相手から別れを告げられ自殺を考え、「拳銃を使えば痛みを感じない」と思い拳銃を奪取しようとしたと指摘。弁護側は、被告には生まれつき自閉症スペクトラム障害があったとして、量刑上の考慮を求めた。

 起訴状などによると、前田被告は昨年1月24日午後3時ごろ、拳銃を奪おうと考え、富山市の池多駐在所で勤務中の巡査部長(31)の頭頂部を両手に持ったハンマーで殴った後、小刀で顔を1回切り付け、首を突き刺すなどしてけがをさせたとされる。

 富山地検は、前田被告の刑事責任能力の有無を判断するため約3カ月間の鑑定留置を実施。その結果、刑事責任を問えると判断し昨年5月に起訴した。 【時事通信社】