監禁容疑で23歳男逮捕=立てこもり、人質無事解放―恨んだ相手既に退職・島根県警

監禁容疑で23歳男逮捕=立てこもり、人質無事解放―恨んだ相手既に退職・島根県警

島根県警出雲署に到着した立てこもり事件の容疑者の男を乗せた車=15日午前、同県出雲市

 島根県出雲市の運送会社「上田コールド」本社に刃物を持った男が立てこもった事件で、県警は15日、監禁容疑で千葉市緑区誉田町の無職中尾懐聖容疑者(23)を現行犯逮捕した。人質の女性従業員(40)も解放され、けがはなかった。「間違いありません」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は14日午後2時15分ごろ、同社に侵入して女性を人質に取り、2階の応接室に連行。刃物2本を手に約18時間にわたり監視するなどして、不法に監禁した疑い。

 中尾容疑者は、女性関係に関する一方的な恨みを募らせ、同社関係者との面会を求めて立てこもった。ただ、この関係者は既に退職しており、要求は実現しなかった。

 3人の警察官による説得に応じ、15日午前8時25分ごろ女性を解放。その後、県警に逮捕された際、刃物を地面に置くなどして抵抗する様子はなかった。

 かつて、出雲市に住んでいたことがあったが、同社と雇用や取引関係はなく、女性との面識もなかった。

 県警は、中尾容疑者が落ち着いて警察官に対応していたことなどから、説得は可能と判断。女性の安全を優先し、時間をかけて解決する方針で臨んだという。 【時事通信社】