四国水族館「しゅこくん」が知事訪問=香川県〔地域〕

 3月20日にオープンする四国水族館(香川県宇多津町)をPRするため、松沢慶将館長や宣伝隊長に任命されたマスコットキャラクター「しゅこくん」らが10日、香川県庁に浜田恵造知事を訪問した。しゅこくんは「みんなに伝わるようにいろんな所へ行ってPRしたい」と話した。

 四国水族館は敷地面積約8500平方メートルと四国最大規模の水族館。水槽数は78基で、約400種1万4000点の生物が展示される予定。四国の生物を展示するとともに、四国各地の歴史や文化などを感じられる施設を目指す。

 しゅこくんはシュモクザメをモチーフとしたキャラクターで、友達のエイといつも一緒にいる。名前は四国水族館とシュモクザメをかけたもので、約4600件の応募から選ばれた。

 県庁では、松沢館長が水族館のコンセプトなどを説明。その後、浜田知事としゅこくんの名刺交換が行われ、浜田知事は「地域の交流人口拡大など頑張っていただきたい」と激励した。今後しゅこくんはオープンの3月下旬までPRのため四国内を巡る予定。 【時事通信社】