袴田さんが恩赦出願=4回目、執行免除求める―静岡

 静岡県で1966年、一家4人が殺害された「袴田事件」で死刑が確定し、再審請求中の袴田巌さん(83)の弁護団は15日、静岡地検に特別基準恩赦を出願し、刑の執行の免除を求めた。

 袴田さんは昨年3月までに3回、恩赦を出願してきたが、これまでに一度も回答は得られていないという。袴田さんの弁護団は、特別基準恩赦の対象者に袴田さんが該当するとし、「袴田さんが平穏な生活を送れるように手段を尽くしたい」と話した。

 政府は昨年10月22日の即位礼正殿の儀に合わせ、約55万人を対象に政令恩赦を実施し、漏れた人を救済する特別基準恩赦も実施。同日から原則3カ月間、出願を受け付けている。 【時事通信社】