ロシア、また日本漁船連行か=北海道

根室のタラ漁船を露が連行か

 北海道は15日、歯舞漁協(根室市)所属のタラ漁1隻がロシア当局に連行されたと連絡があったと明らかにした。外務省によると、色丹島沖でロシア側の臨検を受け、国後島の古釜布に向かったという。

 道や根室振興局によると、連行されたのは底はえなわ漁船「第68翔洋丸」(29トン)。漁協から同日午後4時ごろ、「漁船がロシア側の検査のため古釜布に向かっている」と連絡があった。乗組員は男性6人で、「日ロ地先沖合漁業協定」に基づき、ロシアの200カイリ水域内で操業していたとみられる。

 ロシアは、昨年12月にも北海道沖で操業中だった日本漁船を連行し、7日後に解放した。 【時事通信社】