「ドッキリが進行している感じ」=直木賞の川越宗一さん

「ドッキリが進行している感じ」=直木賞の川越宗一さん

第162回直木賞に選ばれ、記者会見する川越宗一さん=15日午後、東京都千代田区

 白いシャツと紺色のジャケット姿で会見場に現れた川越宗一さん(41)は、「現実感がなく、信じられない。ドッキリが進行しているような感じ」と、独特の表現で喜びを表した。

 自身の長編2作目となる受賞作は、樺太に生まれたアイヌの男性と、苦役囚として同地に送られたポーランド人男性の2人を主人公にした壮大な歴史小説。「過去の歴史を通して、今生きている現在を書きたい」と作家としての熱源を語る。

 「代表作は何かと聞かれたときに、常に『次の作品です』と答えられるような作家活動を続けていきたい」と力を込めた。 【時事通信社】