ゴーン被告の公判前手続きは中断=弘中氏が弁護人辞任―側近ら分離・東京地裁

ゴーン被告の公判前手続きは中断=弘中氏が弁護人辞任―側近ら分離・東京地裁

弘中惇一郎弁護士

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が日産に損害を与えたとされる特別背任事件などの公判前整理手続きが16日、東京地裁であり、下津健司裁判長は予定されていた今後の期日を取り消した。手続きはレバノン逃亡後初めて。弘中惇一郎弁護士らが地裁に辞任届を出し、同日付で辞任。弁護団は3人になった。

 関係者によると、役員報酬を隠したとされる金融商品取引法違反事件では、共に起訴された側近の元代表取締役グレッグ・ケリー被告(63)と、法人としての日産の手続きをゴーン被告と分離して進めることが決まった。次回以降、公判実施に向けた詰めの協議に入る。

 弁護団に残り、整理手続きに出席した河津博史弁護士によると、地裁からゴーン被告の所在などを問われ、「レバノンにいる。(被告が)自主的に日本に戻る見込みはない」などと回答した。被告側に確認したという。河津弁護士ら3人も「いつまで弁護人を続けるかは未定」とした。 【時事通信社】