二次創作も規制外に=文化庁検討会、海賊版対策で報告書

 インターネット上に無断で公開された漫画など海賊版のダウンロード(DL)をめぐり、文化庁の有識者検討会は16日、漫画のパロディーを含む二次創作作品のDLは規制対象外にするなどとした報告書をまとめた。同庁は、通常国会への著作権法改正案提出を目指す。

 検討会は、違法化の対象を「著作権者の利益を不当に害する場合」に限定するかどうかについての意見集約を見送った。委員間で賛否が分かれたためで、同庁が与党内の議論を踏まえ、改正案に含めるか判断する。

 報告書は、数十ページで構成する漫画の1〜数コマなど「軽微なもの」をDLする行為や、画面内容などを保存する「スクリーンショット」に違法画像が映り込んだ場合は違法としないことなどを明記。海賊版サイトに誘導するリーチサイトの運営やリーチアプリの提供は、同庁の当初案の非親告罪でなく親告罪とするよう求めた。 【時事通信社】