覚せい剤、絵画に練り込む=密輸容疑で男2人逮捕―愛知県警

覚せい剤、絵画に練り込む=密輸容疑で男2人逮捕―愛知県警

絵画に覚せい剤練り込み密輸

覚せい剤、絵画に練り込む=密輸容疑で男2人逮捕―愛知県警

覚せい剤が練り込まれていた絵画=23日午後、名古屋市港区(名古屋税関提供)

 風景画が描かれたキャンバスに覚せい剤を練り込んで密輸入しようとしたとして、愛知県警は23日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などの容疑で、いずれも会社員の尾形哲央(46)=東京都江戸川区西端江=、金子友貴(34)=名古屋市南区豊=両容疑者を逮捕した。2人とも容疑を否認し、「覚せい剤の認識はなかった」という趣旨の供述をしているという。

 逮捕容疑は昨年11月13日、覚せい剤約550グラム(末端価格約3300万円)をキャンバスに練り込む形で、英国から密輸入しようとした疑い。中部空港に運ばれた不審な小包を名古屋税関が発見し、県警に通報した。 【時事通信社】