共同通信の委託カメラマン、新型コロナ感染=芸能ニュース取材

共同通信委託カメラマン感染

 共同通信社は23日、同社が業務委託しているフリーランスの40代男性カメラマンについて、新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。男性の担当は芸能関係の映像取材で、既に平熱に戻っているという。

 同社によると、男性は17日に38度の発熱やせきの症状があり、東京都内の診療所で肺炎と診断された。その後も症状が続いたため19日に別の病院に入院し、23日に感染が判明した。

 同社は「関係機関と連携して感染拡大の防止に努める」としている。 【時事通信社】