関電3原発差し止め申し立て=「コロナで避難不可能」―大阪地裁

 新型コロナウイルスの流行下、原発の重大事故が起きても安全に避難できないとして、福井、兵庫、京都、大阪4府県に住む男女6人が18日、福井県にある関西電力の3原発7基(高浜1〜4号、大飯3、4号、美浜3号)の運転差し止めを求める仮処分を大阪地裁に申し立てた。

 申立書では、流行下では自治体の避難計画通りのバスや車による避難が人と密に接触するため不可能となり、放射線から逃れられないなどと主張している。住民側代理人の河合弘之弁護士は記者会見し、「コロナ対策の『3密』禁止に正面から矛盾する」と話した。 【時事通信社】