槇原被告、来月17日初公判=覚せい剤所持事件―東京地裁

槇原被告 来月17日に初公判

 覚せい剤取締法違反罪などに問われた歌手の槇原敬之被告(51)の初公判が6月17日に東京地裁で行われることが22日、関係者への取材で分かった。槇原被告は3月に保釈保証金500万円で保釈されている。

 起訴状によると、槇原被告は2018年3月と4月、東京都港区のマンション一室で、危険ドラッグ「RUSH(ラッシュ)」と覚せい剤を所持。今年2月にも渋谷区の自宅でラッシュを所持したとされる。

 槇原被告は1999年にも覚せい剤を所持したとして逮捕され、有罪判決を受けた。 【時事通信社】