基金創設など要望=新型コロナで苦境の映画、音楽、演劇団体

 新型コロナウイルスの影響で活動自粛を余儀なくされ、苦境に立つ映画や音楽、演劇関係者が22日、損失の補填(ほてん)などを目的にした「文化芸術復興基金」を創設するよう文化庁と文部科学省に求めた。

 要望は、映画関係者で作る「SAVE the CINEMAプロジェクト」、音楽の「SaveOurSpace」、「演劇緊急支援プロジェクト」の3団体が連携して行った。3団体は、経済産業省や厚生労働省にも要望。個人事業主を対象にした持続化給付金の運用柔軟化を求めるなどした。 【時事通信社】