強殺容疑で49歳男逮捕=ゲーム喫茶店で2人殺傷―沖縄県警

 那覇市のゲーム喫茶店で従業員2人が殺傷された事件で、沖縄県警は26日、強盗殺人容疑で土木作業員の真境名宏容疑者(49)=糸満市糸満=を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は25日午前6時10分ごろ、那覇市具志のゲーム喫茶店「ボンバー」で金品を要求し、刃物のようなもので従業員新里美也子さん(47)の首を切り付けるなどして殺害した疑い。

 県警によると、真境名容疑者は過去に客として同店を訪れたことがあった。25日は入店後、「金を出せ」などと30代の男性従業員を脅し、拒まれると新里さんと男性の首を切り付けて逃走した。

 真境名容疑者は26日午前9時ごろ豊見城署に出頭したといい、県警が詳しい動機などを調べる。 【時事通信社】